突然ですが、血糖値が不安なあなたは
このような苦しみがないでしょうか?

  • 空腹感に耐えて食欲をガマンして、食べたいものが食べられないイライラする毎日で、辛い思いをしている
  • 誘惑に勝てず、ラーメンやご飯や甘いものなどわかっているのについつい食べて、時には過食に走ることもあり血糖値急上昇させてしまう
  • 外出が億劫で毎日のウォーキングが続かない、膝が痛くて体力もなくて、運動療法は辛くてできない
  • 体がだるい、喉がかわく、手足の痛みやシビレ・むくみ・腫れ、こむらがえり、頻尿、視界がボヤけるなど自覚症状も出てしまっている
  • 薬も食事も運動も効果がない、太っていない、食べ過ぎていない、酒もタバコもやめた、それでもなぜか血糖値が高い
  • すでにクスリを飲んだりインシュリンを打ったりしているけど副作用や低血糖が怖いので、量や数を減らしたい、できればやめたい
  • 家族や友人との外食で相手に気を遣わせてしまい、せっかくの美味しい食事なのに楽しめない

信じられないはずですが

「ストレッチ」を続けて血糖値対策サポートを行い
辛い食事制限や外に出ての運動が苦手な方に
とても嬉しい方法があります

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

食事制限が辛い、外に出てのウォーキングが面倒なら
自宅で気軽にできるストレッチを試しましょう。

論より証拠、まずはストレッチを実践した人の感想をご覧下さい。

お客様の声01

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声02

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声03

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声04

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声06

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声07

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声08

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声09

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声10

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

お客様の声10

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

食後140r/dL以上の場合は、いわゆる「境界型」です。

それだけでも、血糖コントロールがラクになり、食生活が一変し、人生の楽しみがかなり増えるでしょう。

空腹感に耐えて、食欲をガマンし、ウォーキングなどの運動を毎日こなすのは、想像以上に辛いものですよね。

「ストレッチで」その苦しみからの解放を目指せるとしたら、あなたも試してみたいと思いませんか?

そんなことが可能なのでしょうか?これからあなたにお伝えします。

「正しい知識と対処法を知ってもらい、血糖値の不安から救いたい」・・その思いで、このお手紙を3分間読むだけで血糖値対策サポートに役立つように書きました。ぜひ読んで頂けると嬉しいです。

はじめまして、こんにちは アスカ鍼灸 院長 福辻鋭記と申します

 アスカ鍼灸 私はこれまで、40年以上、延べ110,758人以上、様々な体の悩みを解決してまいりました。そして現在でも、東京の鍼灸院にて施術し続けています。

私の鍼灸院は東京の山手線五反田駅から4分歩いたところいにあります。名前は出せないのですが、あなたもよくご存じの芸能人の方やミュージシャンの方も、たくさん来院されているんですよ。雑誌やテレビにもよく出ているので、私のことをご存じの方もいらっしゃるかと思います。※福辻鋭記は東洋医学の施術家です。アスカ鍼灸院は東洋医学の鍼灸院です。

 問診・施術風景

 TBSテレビ「中居正広の金曜日のスマたちへ」 フジテレビ「なかよしテレビ」等テレビ出演多数

 TBS水曜スペシャル「日本の名医50人」に選ばれました

 著書の一部 雑誌掲載も多数

 「骨盤枕ダイエット」は200万部を超える、大ベストセラーを記録   書店では平積みに置かれています

 アスカ鍼灸院 公式ホームページ  http://www.asuka-sinkyu.com

 「福辻式」スリムスリッパ ストレッチクッション 「福辻式」器具も多数

私がこのホームページを作ったのは理由があります

血糖値で苦しむ人があまりに多いから

血糖値を下げる方法はないものか

「血糖値対策って一生ですよね・・」

とあなたは思われるでしょうが、心配ありません。私の鍼灸院にも、同じように悩む方は多数来院されています。

そして、このような悩みをかかえています。

「食べたいものを食べられないのは、本当にストレスです」

「外食や旅行や人付き合いの度に、気を使うのが辛いし、楽しめないです」

と精神的に辛い思いをしています。また、私の鍼灸院に通われている方からも

「通院代と薬代が高くて、お金がないので大変です」

このような「金銭的な悩み」を抱えている方も多いです。

食べたいものを自由に食べられないストレス、外食や人付き合いの時の心苦しい気づかい、金銭的な負担など、本当にとても辛い日々を送られているのです。

そこで私は、こう考えたのです。

薬や病院、食事管理や運動が苦手の方のために
簡単な方法で、血糖値対策サポートできないだろうか

そこから、私の研究と開発が始まりました。

食事制限も運動も不要な、血糖値下げる方法の開発に成功

私はずっと、血糖値対策は、地道に根気よく、食事制限や運動やダイエットしかないと思っていました。

しかし、毎日ウォーキングはしんどいですし、食事制限は精神的にも辛いですし、人付き合いでも気を使って楽しみを失います。

食事制限や運動以外のガマンや努力が苦手な人でもできる「簡単な方法」でなければいけません。

これまでの11万件に及ぶ施術実績、東洋医学の知識、東洋医学の本場中国に研究に行った時に学んだ技術、それらを総動員し「簡単に血糖値対策サポート方法」の開発を続けました。 何度か通われている方にお願いをして、効果があるか実験をさせて頂くこともありました。

そして、ある突然のひらめきから、ようやくその方法が完成し、早速試したくなりました。 普段通われている、血糖値が高くて悩んでいる方、数人に、自宅で実践して頂きました。すると驚くべき感想を多数頂いたのです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

これには開発した私自身も、驚きを隠せませんでした。何かの間違いかと思い「測定器の故障では?」「気を遣って言っているのでは?」と何度も確認してしまいました。

しかも、やっていただいたことは、これです。

  • 一日5分前後のストレッチを毎日継続

本当にこれです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

正しい知識を知るだけでも
血糖値対策サポートに役立ちますので
注意深く読んで下さい。

医者に出された薬を飲み続ければ、糖尿病は治りますよね?

薬

「インシュリンを出すクスリとか、血糖値が上がらないクスリとか、医者に処方されたクスリをしっかり飲み続ければ、大丈夫ですよね?」

そう思うでしょう。

しかし、病院で処方される薬は
治すものではない
と言われているのをご存知でしょうか。

クスリは悪化させて、治りにくしていると言われているのをご存知でしょうか。

皆さんが飲んでいる薬は、これら合併症の予防および病状の悪化を抑制するためのものです。血糖値が高くならないように安全なレベルまで低下させるのが主な目的です。つまり、「血糖値を下げるため」であって「糖尿病を治すため」ではないということです。しかも、それらの薬がかえって糖尿病を悪化させるという事実を、多くの方がご存知ありません。(中略)インスリン分泌を促す薬を飲めば一時的に血糖値を下げることはできます。しかし、同時にインスリン分泌能力も確実に低下するのです。(健康ジャーナル社 分子化学療法研究所 後藤日出夫著 医者には口にできない 病院治療で糖尿病がよくならない本当の理由 より引用)

刺激でだましだましインスリンを出させていても、やがて薬は効かなくなってきます。薬の量は増えます。すい臓は休まるどころかますます疲弊してゆきます。強い刺激を続けていても、やがて疲れきってインスリンを分泌できなくなります。(中略)薬を使うことで一時的に血糖値が下がり、よくなったように思えてもじつは状態が悪化しているということが多々あります。(中略)やがて、そのインスリン剤はだんだん効かなくなり、どんどん量を増やしてゆかなければならなくなります。さらに、量が増えてゆけばゆくほど、やめることがむずかしくなります。(出版館ブック・クラブ 桑員クリニック院長・医学博士 橋爪勝著 まちがえた治療は三大合併症を引き起こす 糖尿病はこわくない より引用)

※書籍・雑誌・webサイトの引用であり、情報の正確性を保証するものではありません。医師の指示を自己判断で中断や変更はしないで下さい。

医者の指示通り、食事療法をすれば、糖尿病は治りますよね?

食事療法

「医者の指示通り、食事制限をすれば
大丈夫ですよね?」

「カロリー制限をすれば
大丈夫ですよね?」

「糖質制限をすれば
大丈夫ですよね?」

そう思うでしょう。

しかし、病院が指導する食事療法は、大きな問題点があり、実は欧米人向けのもので、日本人にはあてはまらないと言われているのをご存知でしょうか。

日本糖尿病学会では「食品交換表」を利用した「食事療法」を推奨しています。しかしこれらは非常に問題が多く、特に「食事療法」には大きな欠陥があるのです。ごく簡単にいってしまえば、日本人とはまったく体質の異なる欧米の糖尿病患者に適した医療指針をそっくり模倣している点が問題です。インスリン分泌能の高い偏食肥満者(欧米人に多い)には役に立つものの、そもそもインスリン分泌能に問題のある日本人にはあてはめることができないのです。(健康ジャーナル社 分子化学療法研究所 後藤日出夫著 医者には口にできない 病院治療で糖尿病がよくならない本当の理由 より引用)

仮に効果があったとしても、食事療法は継続が非常に困難です。空腹に耐え、食欲をガマンし、食べたいものが食べられないことで、あなたも相当辛い思いをしているでしょう。

食べられないストレスで逆にドカ食いや過食に走ってしまい、血糖値を急上昇させてしまった経験は、あなたも何度もあるはずです。

カロリーを制限する食事療法というものは簡単なようで、じつは非常にむずかしいものです。ラベルことに制限がつくということは、ストレスを伴います。今までのように満腹感が得られるまで食べることができないというのは、精神的にも肉体的にもつらいことです。満腹感に耐え切れず、ガマンのたがが外れていつもの倍くらい食べてしまう。あるいは、我慢を継続的できず、断念してしまう、ということがよくあります。わたしの患者さんのなかにも、つらくてつづけることができなかった、という方が何人もいます。入院して食事療法を行うというプログラムもありますが、入院中はきちんとメニューにそってコントロールできていた食事も、退院するといつもの食事に戻ってしまったという方もいます。つづけられない療法では意味がありません。また、それによって多大なストレスがかかるような治療法は決してよいものとはいえないのです。(出版館ブック・クラブ 桑員クリニック院長・医学博士 橋爪勝著 まちがえた治療は三大合併症を引き起こす 糖尿病はこわくない より引用)

また、カロリー摂取量は時代とともに減っているのに、血糖値に悩む人は増え続けていると言われています。

20年前とくらべると国内のカロリー摂取量は、大部分の世代で減っています。(中略)一方、高血糖の割合は増えており2014年の糖尿病患者数は、前回調査の2014年から46万人増えて、過去最高の316万6000人になりました。(中略)糖尿病学会でも、糖尿病治療の食事療法としてカロリー制限をすすめています。それなのに、高血糖や糖尿病患者は年々増えているのです。(PHP研究所 医学博士 板倉弘重著 糖代謝の専門医が教える あなたの血糖値はなぜ下がらないのか より引用)

さらに糖質制限食は、発症率が高まるという研究結果が存在することをご存知でしょうか。

「糖質制限食」の危険性については、米国の名門ハーバード大学からも発表されている。糖質制限をし、高タンパク・高脂肪食をしっかり摂る「糖質制限食」を20年間続けると糖尿病の発症率が高まったという。(中略)日本でも「糖質制限を5年以上続けると死亡率が高まる」と国立国際医療研究センター病院の糖尿病・内分泌代謝科の能登洋院長(現在は「聖路加国際病院内分泌代謝科部長」)らの研究で明らかになった。(中略)2013(平成25)年、日本糖尿病学会が「現時点では、糖尿病患者に糖質制限食は勧められない」との見解を発表したが、当然のことだろう。(三笠書房 医学博士 イシハラクリニック院長 いしはらゆうみ著 血糖を下げる すぐ効く食べ方食べ物 より引用)

※書籍・雑誌・webサイトの引用であり、情報の正確性を保証するものではありません。医師の指示を自己判断で中断や変更はしないで下さい。

医者の指示通り、運動療法をすれば、糖尿病は治りますよね?

運動療法

はい。運動は有効です。

運動をするとブドウ糖が細胞の中に取り込まれ、インスリンの効果が高まり、血糖値は下がります。

しかし

「毎日1万歩を目安にウォーキングを」などと医者に言われますが、忙しい現代社会、仕事や家事がありますし、時間的にそれができる人はごくわずかでしょう。

たとえ時間はあっても、寒かったり暑かったり、わざわざ外に出て毎日1万歩歩くなど、相当意思の強い人でないと難しいでしょう。

また、膝が痛い人は、外出することすら痛くて辛いのに、さらに外に出て1万歩ウォーキングなどしても、逆に膝を痛めてしまいますし、筋力や持久力が衰えている、50代60代の方は、体力的に無理で、逆に体に負担をかけてしまいます。

ちょっと数分歩いたくらいでは、効果がありません。「一日1万歩のウォーキング」それができないからこそ、糖尿病の患者が増えているのです。

だからこそ「生活習慣病」と言われるのです。医者にそれを言われるたびに「それが毎日しっかりできていれば、今ここにいない」と言いたくもなります。

痩身のエステに行って「運動しましょう」と言われるようなものです。そもそも「運動しましょう」と言うことなど、医者でなくてもできますし、本人もわかりきったことです。できない療法など、有効ではありません。

運動療法では1日1万歩をめどの歩行運動が勧められています。「毎日が日曜日」ならともかく、これも実際にはなかなか実行することが難しいだろうと思います。(健康ジャーナル社 分子化学療法研究所 後藤日出夫著 医者には口にできない 病院治療で糖尿病がよくならない本当の理由 より引用)

また、ウォーキングなどの運動をしているのに思うように血糖値が下がらないという人も少なくありません。

※書籍・雑誌・webサイトの引用であり、情報の正確性を保証するものではありません。医師の指示を自己判断で中断や変更はしないで下さい。

糖尿病は信頼ある大学病院などで、しっかり治療した方がいいですよね?

大学病院

「なるべく大きな大学病院に通院した方がいいですよね?」

「総合病院なら、医療の質も高くて安心ですよね?」

「総合病院の主治医従った方がいいですよね?」

そう思うでしょう。

しかし大きな病院にかかって、通院して、継続しても血糖値が下がらないという人が多く、血糖値に悩む方とクスリは、ますます増え続けている、と言われているのをご存知でしょうか。

「何かあったら大病院がいちばん安心」「総合病院の方がいい治療が受けられる」そう考えている人は多いことと思います。(中略)大病院で治療を受けているにもかかわらず、血糖値が下がらない、糖尿病が良くならない内服薬やインスリンがどんどん増える、といった状況にあるからです。(中略)世界的にも医療レベルが高いはずの日本で、そしてその恩恵が最も受けられずはずの総合病院、大病院で治療を受けているにも関わらず、糖尿病がよくならない。そして、薬はどんどん増え続けている。(中略)多くの大病院でおこなわれている「今までの常識的な治療」では、糖尿病はよくならない、薬も減らせない、ということに、糖尿病患者さんたちが気付き始めてきたということです。(中略)2016年の厚生労働省の調査によると、「糖尿病が強く疑われる者」は、国内で約1000万人と推計されています。「糖尿病の可能性を否定できない者」も、約1000万人と推定されていますから、合計するとおよそ2000万人が、血糖値に問題を抱えていることになります。(中略)当然患者数にカウントされる人たちは医療機関にかかっています。そして、患者さんたちは国内のガイドラインに沿った、いわゆる「標準的治療」を受け、保険適用のある薬剤を内服、または注射していると思われます。にも関わらず、糖尿病予備軍は2000万人糖尿病の合併症は減らず、どんどん薬は増えています。(アチーブメント出版 医療法人社団友愛会 友愛病院医師 日本糖質制限医療推進協会提携医 水野雅登著 薬に頼らず血糖値を下げる方法 より引用)

よく「一生治らない」「一度飲み始めたクスリは、一生飲み続ける」と言われますが現代医学では治せないと言われているのです。

現代の医療では糖尿病は完治するとは言えず、合併症を起こさない、今ある合併症を悪くしないために、糖尿病とうまく付き合っていく必要があります。(国立国際医療センター 糖尿病情報センター webサイトより引用)

つまり、辛い食事療法や運動療法は、合併症発症を抑えるための対症療法であって、続けても治らないと言われているのです。

一度発症したら完治はしないものの、血糖値を正常レベルに保つことでコントロールが可能です。そのためには食事療法、運動療法が必要で、薬を使用することもあります。(知りたい!糖尿病webサイトより引用)

治療によって血糖値を下げることはできても、血糖値が高くなりやすい体質自体を改善するのはできないからです。糖尿病は「治る病気」でも「治らない病気」でもなく、治療を続け血糖値を限りなく正常に近い範囲にコントロールしていれば、一生、健康な人と同じ状態でいられる病気です。(糖尿病ネットワークwebサイトより引用)

※書籍・雑誌・webサイトの引用であり、情報の正確性を保証するものではありません。医師の指示を自己判断で中断や変更はしないで下さい。

トクホは?

「毎日トクホを飲むようにしているのですが、国に認可されているので、効果がありますよね?」

そう思うでしょう。

しかし、以前週刊誌がトクホの効果について大々的に告発記事を二週連続で発表し、業界を騒がせたことをご存知でしょうか?

トクホ

一般的な食事をしている限り、難消化性デキストリン入りのお茶を飲んでも血糖値の上昇は抑制されないのだ(2017年3月30日号 週刊新潮の記事より引用)

効能を実感している人はどれくらいいるだろうか。おそらくほとんどいないと推察するが、その理由は単純明快。そもそも効き目はゼロなのだ。(2017年4月6日号 週刊新潮の記事より引用)

※書籍・雑誌・webサイトの引用であり、情報の正確性を保証するものではありません。医師の指示を自己判断で中断や変更はしないで下さい。

透析患者

透析患者数

病院の先進医療で治療を行い、医療ガイドラインに則った生活習慣の指導を受けているのに、血糖値に悩む方は増え続けていると言われています。

同時に、人工透析を受ける人も、それに応じて、年々増えていると言われています。

病院の治療や生活習慣の指導が、根本的に治療に繋がるのなら、血糖値に悩む人も、人工透析の患者数も減るはずですが、逆に増えているのです。

厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成26年調査によると(継続的な治療を受けていると推測される)は、316万6,000人です。

同様に、平成26年時点の人工透析の患者数は、32万9,000人、即ち、9人か10人に1人の割合で、人工透析を行なっているのです。

透析いや

「透析患者にだけはなりたくない」

とあなたは思っているでしょう。しかし、我が国では32万人(2016年時点)もの透析患者が存在するのです。

そして、9人か10人に一人は透析患者、しかも病院に通ってもその数は年々右肩上がり、年間5,000人のペースで増えています。

このデータからも、いずれあなたも近い将来、透析患者になる可能性はあるかもしれないと思います。

人工透析についてはあなたもよくご存知でしょうから、説明するまでもなく、人生が一変してしまいます。透析患者になってからは、何もかも手遅れです。

「自分だけは大丈夫」という根拠のない考え方で安心はできないですよね。病院に通っても年々糖尿病の患者数も人工透析の患者数も、増えていると言われていることを知って欲しいです。

網膜症も失明原因の第1位で年間3,000人の視力を失っています。かなり進行しても自覚症状が出にくくある日突然目の前が真っ暗になることが多いので相当怖いです。

神経障害についても、年間2万本もの足が切断されています。

心筋梗塞についても、3倍ほどリスクが高く、突然胸の中央あたりに激痛が走り、何時間も痛みが続き意識を失い、梗塞が起こる場所によっては10分ほどで死に至る恐ろしい病気です。

脳梗塞になるリスクも男性で2.2倍、女性では3.6倍も高く、後遺症により寝たきりになることも多く、言語障害、重い認知症、身体の片側がマヒで動かなくなるなどの症状が残ります。

運良く、合併症発症に至らなくても、薬を一生飲み続け、空腹感に耐えて、食欲をガマンして、好きなものが食べられない毎日は相当辛いものですよね。

病院が糖尿病を作り出している

あなたは今まで、まじめに、病院の医者を信頼して、通い続けて出された薬をしっかり飲み(インスリン注射も含む)食事制限、運動療法などの指導にしっかり従ってきたはずです。

しかし医者が血糖値に悩む人を作り出していると言っている人もいるくらいです。

薬は三大合併症を抑える目的だとしても、薬で治療をしているのに、三大合併症を引き起こしている人は非常に多いです。

なぜ糖尿病患者の数が減らないのか、なぜ治療をしても治らないのか、治療をしているのにもかかわらず三大合併症を引き起こしてしまうのはなぜか。(中略))@薬で、弱った膵臓にムチを打ち、疲弊させてしまうことA薬でインスリンを無理やり増やすことにより、体内の中性脂肪、過酸化脂質を増やしてしまうことB治療により低血糖を引き起こしてしまうことC治療によって病気がつくられてしまうこと(中略)まさに糖尿病は医者が患者をつくりだしてしまっている医原病でもあるといっても過言ではないのです。(出版館ブック・クラブ 桑員クリニック院長・医学博士 橋爪勝著 まちがえた治療は三大合併症を引き起こす 糖尿病はこわくない より引用)

※書籍・雑誌・webサイトの引用であり、情報の正確性を保証するものではありません。医師の指示を自己判断で中断や変更はしないで下さい。

では、いったいどうしたらいいのか 答えは「膵臓の活性化」

膵臓

では、どうしたらいいのでしょうか。

現代医療では、絶望的に思われますが現代医療以外の方法なら、解決法があるので、安心して下さい。

あなたもご存知のことと思いますが、仕組みとして、すい臓のインスリンの分泌が足りないか、効かないと、血糖値が上がります。

そして、活性酸素により血管を傷つけ、人工透析、失明、脚切断など、恐ろしい合併症を引き起こすことは、あなたもご存知でしょう。

そこで、日々の食事制限や運動で血糖値を抑え、それでも追いつかない場合は薬を投与し、強制的に血糖値が上がらないようにしたりするわけです。

ということは、インスリンを分泌する「すい臓」を活性化させればいいのです。

すい臓を活性化させ、糖を分解できる活発なインスリンが十分に分泌されればいいのです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

すい臓の活性化で、あなたが毎日辛い思いをしながらやっている食事制限、キツい運動からの解放も目指せます。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

膵臓を活性化?そんなことできるのでしょうか

腸マッサージ

便秘の人で、腸をマッサージして
刺激を加えると、腸が活性化されます。

蠕動運動が活発になって便秘解消
これはイメージが湧くでしょう。

また、一度機能を失った心臓でさえも、心臓マッサージという「刺激」を加えることで、再び動きを取り戻します。呼吸停止になった肺も、人工呼吸という「刺激」をすることによって、肺の機能が復活します。

腸、心臓、肺と同じようにすい臓も適度に「刺激」を加えることで、活性化がされ、インスリンの分泌が活発になるのです。

そして、血糖値対策サポートが可能なのです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

もちろん、自分のすい臓から分泌するインスリンですので、薬に頼って、強制的にインスリンの量を増やす必要もなくなることが目指せます。

つまり、あなたのすい臓が十分な活性化がされれば、血糖値対策サポートで、辛い食事制限とキツい運動から解放!を目指せるということです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

すい臓弱い

つまり、根本原因であるすい臓を元気にしないと食事制限と運動が必要ということが言えるでしょう。

もちろん、薬も同様でしょう。

弱った膵臓

すい臓が元気になって、少しずつ薬の量や種類なども主治医に相談してみましょう。

食事制限や運動が苦手でも、対策サポートが可能ということです。

何より、日々の不安と空腹感や食横のガマンから解放されて、楽しく健康に人生を謳歌できることが、最も大きな価値のあることでしょう。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

元気な膵臓

特に日本人は、太っていなくても2型の人は多いです。逆に、太っていても血糖値は正常値の人もいます。

原因が肥満や食生活だとしたら、合理的な説明がつきません。医者はきっと「遺伝」などと言って逃げるでしょう。

これは明らかに「すい臓の機能の差」東洋医学的には、まず「すい臓」を疑うのです。

食事制限や運動をやっても、思うように血糖値が下がらない人や、薬が効かない人(インスリン抵抗性など)も少なくありませんが、これは生活習慣よりも、すい臓の機能と判断するのです。

欧米人の原因は殆ど肥満です。しかし日本人は欧米人に比べ、すい臓の機能が弱く太っていなくても血糖値が高い人が多いと言われているのです。

特に日本人は白人に比べすい臓におけるインスリン産生能力が弱く、白人の「鉄のすい臓」に対して日本人は「へたれのすい臓」と揶揄されている。(学校医 岡崎クリニック 岡崎久恒 webサイトより引用)

※書籍・雑誌・webサイトの引用であり、情報の正確性を保証するものではありません。医師の指示を自己判断で中断や変更はしないで下さい。

これを読んでいるあなたも日本人でしょう。ということは、元々すい臓の機能が弱いのです。ということは、すい臓の機能を活性化すればいい、と言えるでしょう。

さらに、すい臓と併せて腎臓と脾臓の機能も血糖値に大きく関わっており、すい臓・腎臓・脾臓全て活性化させれば、最大限の血糖値対策サポートが可能です。

「ぜいたく病」などと言われ「尿」という名前で、何となく恥ずかしい思いをしているかもしれませんが、単にすい臓の機能が元々弱い日本人特有のことですので、決して恥ずかしいことではありませんし、原因は明確なので、対策も明確です。

さて、通常は、鍼灸院では東洋医学の「経絡」という、内臓に連動する体の部分に針を刺して刺激し、活性化をします。

では、これは果たして「医学的根拠」があるのでしょうか?

WHO世界保険機構が医学的効果を認めています

who

ちなみに東洋医学の「経絡」は、すでにWHO世界保険機構がその医学的な効果を認めているのをご存知でしょうか。

漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ(2018年1月9日 産経ニュースより引用)

当然ですが「糖尿病」は世界保険機構の「鍼灸の適応疾患」に認められています。

その中で361の「経絡」が、世界保険機構に認定されています。

who

内科疾患に対する鍼灸経絡治療の有用性 郷家 明子 東京女子医科大学循環器内科 明クリニック より引用。

このような流れで、一部の医師たちは、東洋医学の医学的効果に注目をし始めているのです。

経絡ですい臓を活性化させ、血糖値対策サポートの方法は、科学的根拠のないオカルトや民間療法などではないと言えるでしょう。

自分で膵臓を活性化させるにはどうしたらいいか

先生考えた

すい臓に刺激を加えて、すい臓を活性化すれば良いことは明らかです。

しかし、素人の方は針など打てませんし「経絡」などわかりません。

すい臓は体の奥深くにあるので、腸のように、直接刺激が加えられません。

お腹を切り開いて、手を突っ込んでマッサージするわけにいきません。

「自分で簡単に、すい臓を活性化させる方法はないだろうか」

私は必死に考えました。

そして、施術をしている最中、突然、ある方法をひらめいたのです。

「まてよ?これをこうすれば、いけるかもしれない」

早速、血糖値が高くて悩んでいる、何人かの方に、自宅でその方法を試して頂くようにお願いしました。

この方法は自宅でいつでもできるので、回数や時間も増やせて、効果が出るのは当たり前です。

「先生、この方法が世間に知られたら、病院は潰れてしまいますね」

などと、苦笑いで言われました。

一日たった5分の「ストレッチだけ」で血糖値が下がります

ストレッチだけで血糖値は下がる

では、いったいどうやったら、すい臓が活性化され、血糖値対策サポートができるのでしょうか。

今回お伝えするのは、私が施術中に閃き、何度か改良を重ね、開発に一年以上を費やし、開発した、私の11万件以上の施術実績と東洋医学に基づく方法です。

今まで、薬物療法、糖質制限、食事制限、運動療法などで、これといった効果がなかったならばやり方を変えましょう

今まで、すい臓の活性化について取り組んだことがないならば、今までのやり方と違うのですから、結果も違うはずです。

「難しいことはわからないですし、できません」

「しんどいのは無理です」

「努力やガマンや継続が苦手です」

特に、運動、ダイエット、食事制限などが続かなかった方は、きっとそう思うでしょう。しかし、その心配は全くありません。あなたがやることは、これだけだからです。

  • 一日5分前後のストレッチを毎日継続

これです。

これをやればいいのです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

もちろんこの方法は医療に替わる、病気に効く治療法ではありませんので、医師の指導の元に指導されている場合は、それを自己判断でやめてはいけません。並行しての実践が必要です。

また、数回や数日だけやって、後はやらなくてもいいです、というわけにはいかず、一定期間の継続は必要です。

さすがに、たった1回5分のストレッチだけ、というわけではありません。

たった数回、数日でやめてしまっては、効果はありません。

しかし、毎日継続することで、ストレッチをやっている間の一時的なものではなく根本的なすい臓の機能が活性化を目指せるのです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

すい臓が活性化されれば、活発で十分なインスリンが出ますので、食事制限が苦手な人にとって、とても良い対策サポートの方法と言えるでしょう。

腸をマッサージで刺激して便秘を対策するように、すい臓をストレッチで刺激して、すい臓を活性化させて血糖値対策サポートをするのです。

食事の内容で変動がある食後血糖値とHba1c(過去1ヶ月2ヶ月の血糖値なので当然ですが)の数値よりも先に、手足の痛みやしびれや冷え、こむらがえり、視力の低下やぼやけなど、自覚症状がある方はそちらの変化を先に感じる、という個人の感想が多いです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

寝転んでいるだけで血糖値が下がります

寝転んでいるだけで血糖値は下がる

しかも、いくつかある方法の中で「寝転んで」という方法もあります。

もちろん、ただ寝転んでいてはだめで、寝転ぶ時に「ある仕掛け」をしてから寝転び、ストレッチをやっている時と同じ経絡を刺激し、すい臓に働きかけるのです。

自宅で寝転んでいては、医者に「寝ていないでダイエットしなさい」とか「外に出てウォーキングしなさい」とか言われてしまうでしょう。

この方法は、自宅でテレビ見ながらでも、寝る前でも、本当に「寝転んで」すい臓が活性化されて、血糖値対策サポートが可能なのです。

つまり

  • 自宅で寝転んで、血糖値対策サポート

しかも、腕や脚を動かすといった動作すらありません。ただ、寝転ぶのです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

あまりに非常識なことを言っているので、信じられないのは仕方がありません。

しっかりした東洋医学に基づく方法です。

実名で鍼灸院を経営し、多くの方に長年支えられて、本や雑誌も執筆している私が責任を持って、逃げも隠れもしません。

今まで、ウォーキングや食事制限やダイエットはしんどくて挫折したとしても

  • 一日5分前後のストレッチを毎日継続
  • 自宅で寝転ぶ

ということです。

これが継続できない人はいないでしょう。

もちろん、どちらか一方の実践でも結構です。

確かに一日5分のストレッチであっても多少の面倒な気持ちはあるかもしれません。しかし、毎日食欲をガマンする、空腹に耐える、外に出てウォーキングをやる・・これを毎日継続するよりは遥かにラクでしょう。

食事制限のように精神的な苦痛はないですし、ウォーキングのように外に出る必要もなく自宅でできますし、一万歩も歩く必要もなく、数分間の実践で十分です。

ガマンがなく、簡単だからこそ、継続できます。継続できるからこそ、とても有効な血糖値対策サポートと言えるのです。

あなたもストレッチを続けて、寝転んで辛い食事制限からの解放を目指しましょう

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

1型の糖尿病でも、血糖値が下がった

「でも先生、これは2型の人の例ですよね」

「さすがに1型は無理ですよね」

私も1型はさすがに無理だと思っていました。

一般的に1型は、インシュリンを作っているすい臓の中のβ細胞が壊されて、インシュリンが出ないか働かない現象で、原因不明とされ対策法はありません。そのため、日々の生活でどう付き合っていくかが、1型の方の大きな課題となっています。

しかし、モニター様に実践して頂いたところ1型でも嬉しい感想を頂いたのです。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

お客様の声05

※個人の感想です。誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。効果には個人差があります。医師に従って適切な食事管理と運動管理を併用しています。

たとえ1型であっても、ダメモトで試してみる価値は十分あるでしょう。

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

そんな方法があるならば、なぜ病院の治療に取り入れられないのか

糖尿病患者がいなくなると困る

ストレッチで血糖値対策サポートが可能ということがわかりました。

しかもこの方法は、オカルトでもなく、効果が認められていない民間療法でもありません。しっかりした東洋医学に基づく方法です。

そうすると、とても賢いあなたは、こう思うでしょう。

「百歩譲って仮に事実としても、そんな方法があるなら学会で大騒ぎ、連日テレビや新聞に報道されて、大変なことになっているはず」

「そんな方法があるなら、とっくに医療ガイドラインに則って、病院の治療に取り入れて、世界の血糖値に悩む人はいなくなっているはず」

そう考えることが自然でしょう。

これから、とても大切な話しをします。

火事が全く起きなくても消防署員は公務員ですので、税金で生活できます。街が平和でも警察官は生活できます。しかし、病院や製薬会社はビジネスです。患者がいなくなったら、そこで働く多くの人たちは、生活をしていけません。

つまり治ってしまったら困る人がたくさんいるのです。まして、予備軍を含めたら2000万人もいると言われている、相当莫大な収益源になっている、ドル箱ともいえる人たちがいなくなれば、大変なことです。

だからこそ医者は根本治療にならない薬を出し続け、効かなくなったら量を増やしたり、より薬価の高い、強い薬を処方したりして、薬漬けにするのです。その方が儲かるのです。

「このストレッチをやれば、薬をやめられて、治りますよ」

そうやっては、多くの人が生活していけないのです。

これは病院単体の話しですが、大きな声では言えませんが、医療業界は相当莫大な利権が複雑に絡んでいるのです。インターネットで賢く情報を収集する人は、知っているとは思いますが、もう限界です、察して下さい。

「そんな陰謀論、都市伝説のような解釈は信用できない」

そう思う人もいるでしょう。しかし、こういった事実を、医学博士自ら実名で、暴露本をいくつも出版しています。

暴露本

どうか目を逸らさないで欲しいです。

※書籍・雑誌・webサイトの引用であり、情報の正確性を保証するものではありません。医師の指示を自己判断で中断や変更はしないで下さい。

業界を敵に回す覚悟で、公開します

糖尿病、血糖値悩む多くの人を救いたい

そのようなしがらみがありますが

「業界を敵に回す覚悟で、この方法を伝えたい」

「多くの血糖値に苦しむ方を救いたい」

私は、そう考えたのです。

そこで、今回の方法を、鍼灸院が独自制作した映像DVDとして、お届けすることに決めました。一般的な出版社ですと、関係機関への配慮のため、表現に制約があるため、十分に伝えられないからです。

自主制作のため、画質はそれほど良くありません。しかし、実践する分には全く問題ありません。

また、同様の理由で自主制作のため、製品化や流通に、かなりのコストがかかっているということと、あまりに安いと、私の鍼灸院に通われている方に申し訳がないという理由で、DVDとしてはやや高めの価格になってしまいました。私が長年11万件以上に及ぶ施術実績から開発した自信のある内容ですので、安売りはしたくないということも、ご理解下さい。

とはいえ、例えば参考までに、医療従事者向けの専門DVDは以下のような価格ですので、決して高いとも言えません。2,000円前後で売られているヨガや体操のDVDとは、専門性も目的も得られる結果も違います。

審美インプラント 成功を掴む10指標 -唇側歯肉と乳頭を下げないテクニック:53,979円 医療機関を取り巻くトラブルへの対処方法の実例集:21,940円 発達障害の臨床 第2巻 医療ができる支援の実際:17,050円 神経難病の包括的呼吸ケア〜チーム医療の質を高めるセラピストになるためには〜:25,920円 医療機関の労務リスク対策:21,943円

薬を一生飲み続けると、薬代が100万円を超える

薬代

医療経済研究機構発表の、血糖値に悩む方の一ヶ月の平均的な医療費は、月額約6,000円となっています。10年間では720,000円にもなります。一生飲み続けるとなると100万円を軽く超えることもあるでしょう。

もちろん、根本的な対処を行わない限り、飲み続けることになりますし、すい臓が弱って、ますます悪化することも心配です。薬の強さや量も次第に増えていき、薬代がどんどん膨れ上がる可能性もあると思います。

病院の診察代と薬代を払い続けることを考えれば、DVDは一回購入すればいいだけですので、それを考えれば安いと思います。

そもそも、すい臓の機能を弱める薬を飲み続けるか、すい臓の機能を活性化するストレッチをやるか、金額以前の問題です。

病気になったり怪我をしたりして、病院代や薬代をケチって、何もしないで痛みや辛さを放置するような人はいないでしょう。

今回のDVDは贅沢品とは言えないと思います。人生にとって、人間にとって、最も大切な「健康」を取り戻すため、病院や薬と同じように、あなたにとって大切なものです。

DVD収録内容

DVD収録内容

disc1理論編

1型と2型・鍼灸院での来院は以外と多い・遺伝的要素・年齢と性別、体型の傾向・自覚症状はどう現れるのか・血糖値を測るベストなタイミング・食事制限と運動をしても下がらない人の特徴、対策サポートのポイント・糖とタンパク質の悪影響、合併症の恐怖、甘く見てはいけない・効果の出方、数値と自覚症状・ヘモグロビン、中性脂肪の数値について・三大合併症がすでに出ている人の対策、透析や網膜症の一歩手前なら諦めない・最も大きな原因とは?上手な付き合い方・食事制限を一切しなくてもできる、即効性のある食事の食べ方のコツ・食事制限をしても下がらない人の特徴・間違った対処法・改善方法のポイントまとめ、膵臓、腎臓の機能を高めること・数値や自覚症状は即効性あり、三大合併症など自覚症大きい人ほど体感は大きい・インシュリンも減らせる・必要性があってなっている・ストレスについて※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。

disc2実践編

原因と合併症・エクササイズのポイント・メインエクササイズ、膵臓の機能が向上し、インシュリンが出て血糖値対策サポートの方法・膵臓が元気になるマッサージ法・足の裏から膵臓を活性化させるエクササイズ・親指から膵臓と脾臓、同時に活性化させるエクササイズ・腎臓を活性化させるエクササイズ・膵臓に関係する筋肉にアプローチし、膵臓を活性化させるエクササイズ・毎日の実践のコツ※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。

以上がDVDの収録内容となります。

DVDの特徴をまとめますと、以下のようになります。

あなたはDVDを申し込んで、届いたら映像を見ながら動きをマネして、ストレッチをやるだけです。

  • 一日5分前後のストレッチを毎日継続
  • DVD映像で、動きがわかりやすく、できる
  • 簡単なので、継続できる
  • 早い人は3日、遅い人でも二ヶ月で目指せる
  • 運動、ダイエット、食事制限が苦手でもできる
  • 40年110,758人以上の施術実績から開発
  • 東洋医学に基づく方法

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

 

三大合併症の恐怖から解放されて下さい

食欲をガマンし、空腹感に耐え、好きなものを食べられず、つらい自覚症状に苦しみ、血糖値とHba1cの数値に一喜一憂し、三大合併症発症の不安に怯える毎日を送っている人。

ついに、目が見えなくなってしまい、足を切断してしまい、人工透析を必要とする体になってしまい、大きく人生が変わってしまった人。

その反面、簡単なストレッチだけで血糖値対策サポートを実践し、健康で何の心配もない毎日を取り戻す人。

その違いは、その方法を「知っているか知らないか」だけではないでしょうか。

「知識」で、すばらしい再び健康な毎日を取り戻しましょう。

想像して下さい。

数値を気にせず、好きなものが食べられる、すばらしい毎日を。

血糖値の不安と苦しみから解放されて、美味しい食事を自由に思いっきり楽しめる毎日を、取り戻して下さい。

取り戻して下さい
 

DVD収録内容の一部を公開します

新オファー
今すぐストレッチを始める

↑上の緑のボタンをクリックして下さい↑
もしストレッチをやったのに、全く効果がなかった場合
全額返金できる「全額返金保証制度」付きです

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

保証

「確かにこれなら自分にもできそうだし、効果もありそう」

「これで効果あるなら、本当に安いものだ」

「でも、もし効果がなかったら、DVD代金のお金を損してしまう」

そう思うかもしれません。

効果には、自信があります。

しかし、あなたに安心してお申し込み頂き、安心して実践して頂くために「全額返金保証制度」を設けています。

保証

「全額返金保証制度」の詳細を詳しくご説明いたします。

まずは「届いてから一年間」無理せず焦らず、自由にあなたのペースで実践して下さい。

そして、残念ながら一年間、真剣に実践しても全く効果がなかった場合、一年経過後の30日の間に0120-19-2929(通話料無料・24時間受付)にお電話一本下さい。返送商品到着後(送料はお客様ご負担)3営業日(土日祝日は休日)以内に、ご指定の口座に購入代金の全額を、すみやかにご返金いたします。

レポートなどの提出などは一切必要なく「口頭での自己申告」のみで結構です。報告の内容で返金を拒否するようなことは、神に誓ってありません。

そのため、ウソをついて返金してもバレませんので、あなたはタダでDVDの情報を入手することも可能です。

しかし、藁をもすがる思いで真剣に悩んでいるあなたは、そのような人ではないと、心より信じています。

あなたは私を信じて、DVDを申し込み、効果と可能性を託して頂いたのです。

私もあなたを、信じます。

このような手厚い全額返金保証制度を設けるのは、あなたにどうしても健康を取り戻して欲しいから。それが私の使命であり、最大の喜びです。

一年間、焦らずゆっくり、ご自分のペースで毎日取り組んで、効果を実感して下さい。

保証

様々な疑問や質問にお答えします

様々な疑問、質問にお答えしていますのでご覧下さい。

エクササイズについて

ストレッチは難しいですか?難しいことが苦手な私にもできますか?

はい
「本当にこんなことで血糖値が下がるの?」と思うくらいに簡単です。DVDの映像を見ながら、同じことをマネしてやるだけです。専門知識も不要です。

体が硬いのですが、できますか?

はい
体の柔軟性が問われるストレッチではありませんので、できます。

ストレッチは痛いですか?苦しいですか?しんどいですか?

いいえ
とはいえ、普段は刺激しない部分を刺激するストレッチですので、最初は違和感を感じるかもしれません。しかし、少しずつ慣れてきます。殆どの方は「イタ気持ちいい」という感想を頂きます。無理のない範囲で実践して頂ければ良いです。

本当に一日5分前後の継続でいいのですか?

はい
もちろんたくさんやるに越したことはありませんが、たった5分でも毎日欠かさず実践する方が、とても良いです。

寝転んでいるだけ、とは本当なのですか?

はい
とはいえ、ただ寝転ぶだけでなく、ちょっとした仕掛けをし、寝転んだ状態でも膵臓に刺激を与えるものです。

一生ストレッチをやらないといけないのですか?

いいえ
安定をしてくれば、実践は不要ですが、健康に良いので毎日実践することをおすすめします。

主治医に相談してから実践してもいいでしょうか?

はい
ストレッチという運動法ですので「体を動かすことは良いことです」と言われるでしょう。

その他

別にお金がかかりますか?

いいえ
何もお金はかかりません。

このDVDを広めてしまったら、先生のお客さんが減ってしまいませんか?

いいえ
鍼灸院に通うことや針を刺すことに抵抗がある方、遠くて通えない方、忙しくて通えない方、通い続けるお金がない方、自宅で自分で何とかしたい方、より安く済ませたい方を対象としていますので、影響はありません。

先生の鍼灸院に行くか、電話すれば、やり方を教えてくれますか?

いいえ
今回の方法は、DVDを申し込んだ方だけが、得られる情報となります。※鍼灸院ではDVDに関する問い合わせは承っておりません。

効果がなかったら本当に返金してくれますか?

はい
もし返金を拒むようなことをすれば、私は信頼を失ってしまいます。とはいえ、実践さえして頂ければ、効果が出ますので、実際に返金をされる方は殆どいません。※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。

返金手続きの時、実践記録などを提出したり、いくつか質問に答える必要はありますか?

いいえ
自己申告で結構です。今後の商品開発の参考に、実践の状況をお聞きすることもありますが、その内容によっては返金ができない、などということはありません。

返金はすぐしてくれますか?

はい
一年後にお電話し、商品ご返送到着後、3営業日以内に、ご指定の口座にご返金いたします。

後からメールや電話で、鍼灸院に通うように、しつこく勧誘されますか?

いいえ
そのようなしつこいセールスなどしては、信用を失ってしまいます。そのようなことをしなくても、私の鍼灸院は常に予約でいっぱいです。

後からメールや電話で、サプリやお茶やトクホなど販売されますか?

いいえ
そのようなしつこいセールスなどしては、信用を失ってしまいます。

DVDはパソコンやカーナビでも再生できますか?

はい
全て再生可能です。

耳が遠いので聞こえにくいです。字幕版はありますか?

いいえ
残念ながら字幕は入っておりません。しかし、実践編の映像だけ見て、映像の通りにマネをするだけでも、大丈夫です。

新オファー
今すぐストレッチを始める

↑上の緑のボタンをクリックして下さい↑
もしストレッチをやったのに、全く効果がなかった場合
全額返金できる「全額返金保証制度」付きです

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。

最後に福辻から

「あなたの血糖値の不安と、食欲や空腹に耐える苦しみから救い出し、一日でも早く、好きな食事が楽しめる、安心と希望に満ちた健康的な毎日を取り戻してほしい」その一心で、あなたに全てをお伝えしました。

「簡単で私にもできそうだし、ガマンないから続けられそうだし、東洋医学の根拠もあるし、実践例もたくさんあるし、先生も信頼できるし、返金保証もあって安心だし、効果ありそうだし、試してみます!」という気軽な感覚で殆どの方は、すぐにDVDを申し込んで頂いています。

とはいえ、あなたはまだ半信半疑の気持ちかもしれません。

しかし、迷っていても血糖値は今のままです。

業界を真っ向から敵に回す内容ですので、何らかの圧力により、今日突然、このDVDをお届けできなくなってしまう、ということも十分考えられます。

万が一効果がなければお金は返ってきますし、ストレッチをやっても副作用などないですし、あなたにリスクはないので、迷う必要は全くありません。

空腹に耐え、食欲をガマンする
その苦しみと不安から一日でも早く解放されるため
「今すぐ行動」して下さい

あなたの貴重な時間を頂き、あなたへの手紙を読んで頂いて、ありがとうございました。

DVDの映像の中で再び、あなたとお会いできることを、楽しみにしています。

アスカ鍼灸院 院長 福辻鋭記

今すぐストレッチを始める

↑上の緑のボタンをクリックして下さい↑
もしストレッチをやったのに、全く効果がなかった場合
全額返金できる「全額返金保証制度」付きです

※誰でも特定の効果が得られる保証をするものではありません。効果には個人差があります。補助的なストレッチ運動法・健康法です。医師の指示・指導に従って下さい。